14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye"

↓↓クリックすると詳細ページが開きます。一見の価値ありですよ!

手術を一切する事なく視力を回復させる14日間視力回復プログラム!
本、雑誌もメガネなしでクッキリ見える!任天堂DS「目で右脳を鍛える」で有名な視力回復の第一人者が簡単に視力を回復させる方法を初公開!!

アメリカのクレジットカード事情

「クレジットカード先進国」と言えば、アメリカを思い浮かべる人がほとんどなのではないでしょうか。クレジットカードはもともとアメリカで誕生したものですから、当然と言えば当然のことかもしれません。

アメリカでクレジットカードが生まれたのはおよそ100年くらい昔のことですが、クレジットカード誕生の背景には「小切手」というものの存在がありました。

クイーンズコート 通販 | ETC マイレージ | パチンコ コブラ 攻略

アメリカでは昔から、個人が買い物をする場合の決済手段として小切手が多く利用されており、日本のようにビジネスでも多額の現金を必要とするような場面はそれほどなかったものと考えられています。アメリカでは今でも小切手が決済手段として普通に使われていますし、その進化系とも言えるデビットカードやクレジットカードは、日常生活になくてはならないものと言えます。

日本からの旅行者が、銀行で両替したままの100ドル紙幣を街中でのショッピングに使おうとして不審がられたというような話をよく聞くことがありますが、現金決済が主流ではないアメリカにおいては、現金が活躍するシーンというのはごく限られており、100ドル紙幣のような高額紙幣は、まず普通の生活の中では使われないと考えておいた方が良いでしょう。例外と言えるのはカジノくらいなものです。

逆にアメリカでは、小額のショッピングでもクレジットカードが普通に使われており、極端な話、コージョーショップでコーヒー一杯買うのでも、あたりまえのようにクレジットカードを使うことができます。

アバンギャルド 攻略 | ガソリンカード 比較 | FX 情報商材

現在では、クレジットカードの他に、デビットカードもアメリカではよく使われています。アメリカやヨーロッパなどで使われているデビットカードは、小切手にかわるもの、あるいは、小切手が進化したものと考えてまず間違いはないでしょう。小売店での決済手段を調べた調査では、デビットカードを利用する人の数は年々増加傾向にあり、最近ではデビットカードの利用がクレジットカードや小切手よりも多いと報告されています。

お金やクレジットカード、デビットカードなどに対する考え方というのは、国や地域によって大きく違いがあるものです。アメリカで生まれたクレジットカードも、日本においては、もともとの形とはまた違ったふうに発展し、普及していくものと考えられます。日本国内での決済手段が今後どのように変化していくかは、経済の発展、情報社会の進化などと密接に関連していくものであるということができるでしょう。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

MMF
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。