14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye"

↓↓クリックすると詳細ページが開きます。一見の価値ありですよ!

手術を一切する事なく視力を回復させる14日間視力回復プログラム!
本、雑誌もメガネなしでクッキリ見える!任天堂DS「目で右脳を鍛える」で有名な視力回復の第一人者が簡単に視力を回復させる方法を初公開!!

手持ちのクレジットカードを整理する

クレジットカードは、私たちの消費生活を便利なものにしてくれる、とてもありがたい存在です。手持ちの現金が不足している時に、クレジットカードに助けられたという経験を持つ人も多いのではないでしょうか。

とはいえ、クレジットカードはきちんと管理し、正しく使用しないと、思いがけないトラブルのもととなってしまうこともあるものです。クレジットカードを上手に使うコツとはいったいどのようなものでしょうか?

近頃では、クレジットカードの盗難やスキミングといった事件が増加しており、一人一人が自分自身のクレジットカードをしっかりと管理することが非常に重要になっています。

所持しているクレジットカードの枚数が多くなればなるほど管理は大変になるものですから、手持ちのカードを整理し、使用頻度の高いもの、利用価値の高いものだけを残しておくことが、賢いクレジットカードライフの大きなポイントとなります。

日本国内でのクレジットカードの発行枚数は膨大なもので、国民1人あたり2枚以上、20歳以上の消費活動が活発な世代に限ると1人あたり5枚程度のクレジットカードを所持しているといった調査結果もあります。

とはいえ、5枚以上ものクレジットカードを全て上手に使い分けている人は、それほど多くはないでしょう。めったに使わないカードを保有し続けていても、管理が大変になるだけです。引き出しの中にしまい込んであるカードは紛失してしまう可能性もあり、また無駄な年会費を払い続けているというようなケースもあるでしょう。

手持ちのカードの整理の仕方はいろいろありますが、まずはメインとするクレジットカードを1枚決めておくことです。頼まれて作ってはみたものの1度も使っていないカードや、ほとんどいかない店のハウスカードなどは早めに解約してしまいましょう。

また、最近では年会費のかからないカードが多く登場しています。会費がかかるカードでも利用価値が高いものであればよいのですが、コストパフォーマンスを考えてバランスの取れないカードも、整理の対象とした方が良さそうです。

ただし、メインのカード1枚だけでは、さまざまなシーンで発生する多様な要求を満たしきれないことも多いものです。そのような場合は、メインのカードの機能を補うサブカードを1枚選んでおくのがおすすめです。厳選したメインとサブの2枚のクレジットカードをいつもお財布の中に入れておけば、たいていの場合、用は足りるはずです。

アースマジック 子供服
JAF ETCカード
UFJ ETCカード
オートバックス ETCカード
スプレッド1銭
FX 情報商材
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

MMF
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。